風景写真風景写真

大阪皮膚科医会

トップページ > 皮膚病情報 > コロモジラミ症

コロモジラミ症

 日本では、戦後衛生状態の悪いときに流行り、最近ではめったにみられませんが、 最近時々、皮膚科学会では発症の報告があります。 今回、大阪皮膚科医会会員の先生から報告がありました。 衛生状態の悪い場所に発生するようです。

 コロモジラミ症は、pediculosis corporis というシラミの一つの種類が人間に寄生 することによっておこる皮膚病です。コロモジラミは体長3mmぐらい、長楕円形灰白色、腹部は扁平です。 衣類の縫い目、ひだ、襟などに潜んでいて、卵を産みます。 卵は1週間で孵って、1〜2週間で成虫になります。 メスは1カ月の寿命の間に、約200個の卵を産みます。

好発部位(よくでる場所)

躯幹(胸、腹部、背部、腰部など体)、頸部(首)にかゆみのある皮膚病がでます。

治療

皮膚病の部位に抗ヒスタミン剤、ステロイド外用剤をぬります。

殺虫処理

衣類、下着を熱湯でよく洗い、アイロンをかける(熱に弱いから)。

文責:DRサッサー

©OSAKA-hifukaikai 2008 All rights reserved